リストカットをしてしまう心理

2020年6月12日

こんにちわ♪十六夜結依菜です(。・ω・)ノ゙
今日は精神症の話です。うつ病とか、不安神経症。その辺のお話をしてこうと思います。
暑くなって半袖を着る機会が増えたので、腕を出すことが増えました|ω・`)

結構まだ傷跡は残っていて、消えてないんですけどそんな昔もあったね♪
と言う話です。

スポンサーリンク

なぜリストカットをしてしまう?その心理

現状が『嫌だな』『いなくなりたいな』とか『血を見ると安心する』とか『ストレスの解消法がそれになっている』『やる事がない』『自分に興味をもって欲しい』理由は様々だと思いますが、心は目に見えないので身体を傷つけて「これだけ、傷ついてるんだよ・・・」と視覚化したものだと考えています。

目に見えない心が傷ついても、言葉では言い表せない事。
考えただけでは、理解が出来ない事、納得が出来ない事。

それが、視覚化した(リストカットした)傷になる訳です。

『なんでそんな事するの?』と聞かれても『良く分からない』のです|ω・`)
ほんの些細なきっかけで始めてしまった事が、なかなかやめる事の出来ない癖になってしまっている事がほとんどだと思います。

我慢できる期間が短くなってきて、気が付けば肌がボロボロ状態になっているのも良くある話。

どうしたら止めれるのか?

本気で止めたい人は試してると思うのですが、刃物を隠す、捨てると言うのは、また自分で買ってきちゃったり、隠した所を覚えていて取り出す。人が隠したのだったら半狂乱になって探す。
こう言った事があると思います(`・ω・´)ゞ

毎日が大変でどうしょうもなく辛いのは分かりますが、傷いてるのは『心』なので、他のモノを傷つけていい訳じゃないんですよ。刃物は本来、人間の生活をしやすくする為の道具なので身体を傷つける為の物ではないんですね。

心にはある程度、自己再生能力があります。(皮膚と一緒で勝手に適応して治る)
ですが、破壊的な行動をすると自己再生能力が落ちるんですね(。・ω・)ノ゙

心が頑張って治ろうってしてる時に、マスタードをかける様なモノです。
(熱湯をかけるでも、塩を塗るでも・・・そんな感じです)

じゃぁどうするか?

未来を先取り』すると良いと思うのです。
その瞬間はやりたくて仕方のない事でも、未来はきっと後悔してると思うのですよ。

リストカットに関しては『やった後悔の方が大きい』と言う結果は見えていますので
もっと先の未来『やらなかった(成功)を喜ぶほうが良い』と言う事です。

冷静な時は『どんな事でリストカットをしたくなるのか?』と考えられるんですが、切羽詰まるとそんな事も考えられないで、行動に移すという癖をだんだん治していかなければなりません(/ω\*)

未来の自分はリストカットをしないで、きっと笑ってるんだろうな。そんな事もあったねって言ってられるんだろうな』と信じてあげてください。

私はと言うと、やっぱり今でも落ち込む事があると『あぁ・・・切りてぇな』とか思っちゃう日もあるんですが、ガーゼと包帯怪しい手首をお客さんに見せたら『絶対なんか言われる』と思っていますし、後がめんどくさいな・・・と思って止めています。

自分を信じるのは難しい

『未来を先取り』する為にはまず自分を信じてあげる事と先ほどお伝えしましたが、結構難しいんです。
引き寄せの法則にも入るんですが、『それが手に入ったように演じる』と言う事もありますが病んでる時はなかなか難しいんです。

人の目が気になったり、本当に自分はここに存在していていいのか悩んでしまったり。

でもです。

リストカットを辞めた自分は昔より適応能力があって、ポジティブな気持ちでいられるのです('ω’)ノ
私のまわりにはそういう行動を理解してくれる人がいなかったので『甘えだ』とか『頭おかしいんじゃねーの?』と言われていましたが、今の自分は職場では(一応)頼りにされ、こんなブログを書いている自分がいます(。・ω・)ノ゙

もし、自分の苦しみを他の人が味わったら耐えられないような事でも『自分だから耐えられる』むしろ『自分にしか何とかできない』って思ってもらえると『これはとっても凄い事なんだ』と考えらえると思います。

切る自分がいて当たり前」だけど『切らない自分ってすげぇΣ(‘ω’ノ)ノ

未だに私は、豆乳メンタルで変化球が来ると悩んでしまったりするけど、やっぱりコレが自分の人生なんだって思って楽しんでます(楽しむ様に努力はしています)。悩んでるゴールって→幸せとか、楽しい気分なので未来を先取り。

悩むと考えるはちょっと違うので補足です。
悩むは悩む事を悩んでるので生産性ってないんですね(。・ω・)ノ゙
考えるのはより良く、効率的にするため。どちらかと言うとポジティブなんです。

悩む事を考えるのは私は、いいと思っています。

同じような事で悩んでる人がいるかもしれない。その人が10人いたら、10人の助けになる訳です(。・ω・)ノ゙
考える事はとってもいい事だと思います。ただし、悩むは結果→悩みます。そこで時が止まります。
未来に行きたいのだったら考える事です(`・ω・´)ゞ

元気になったらしたい事

ノートにかいたり、携帯にメモしてみたり、高校受験の様に壁に貼ってみたりしましたが・・・。
元気なフリをしても『やっぱり違う』『元気になれない』『私には無理なんだ』なんて事が多々ありました。

大勢の人が喜ぶ、楽しめる事でも『自分は違うんだ』って事に気づいてなかったんですね。
某大きなテーマパークに行って、なんだろう?この違和感・・・。楽しいのかなぁ・・・皆笑ってるし、手を振っているし・・・。

人でも色んな人がいます。
お部屋にこもってパソコンをいじってるのが好きな人、スマホでゲーム、恋愛大好きな人、海に行くのが好きな人、旅行に行くのが苦手な人。神社が好きな人。

自分が元気がなかった時は、ネガティブな面しか見れなかったのですね。
『折角行ったんだから楽しまないと』→『楽しみ方?はて・・・どうしたもんだか?』
帽子をかぶって、手を振って・・・パレード観て・・・。

あぁ・・・そっかここは『違和感を楽しむ所』だったのか(/ω\*)
そう気づいたのは帰る時間になってからなのですが、こう理解出来た事って言うのは凄く成長したなって思うのです(。・ω・)ノ゙

外に出ると意外な発見があります。この間は某テーマパークが大嫌いと言う人と話をしたり、生まれ変わったら絶対に人間になりたくない人、日本はもう駄目だと思っている人。

その個人で思ってたり考えてる事は違うわけです。
そんな中にリストカットをするほど悩んでしまっている、自分も入っていいんです(`・ω・´)ゞ

刃物は自分、腕はこころ

例えばですが、自分の隣で他人がカッターやカミソリを手に握りしめて、腕に当てていたら止めると思いますか?

答え。

その時にならないと分からない。
リストカットをしてる人ならその人の気持ちが分かる訳だし、ごつい男の人がやろうとしていたら殴りかかられても怖い訳です。でも、やっぱり止めに入るんだろうなって思ってはいますけど・・・。

これは『他人の問題』の例で自分も他人なんですね。
気持ちは目に見えないじゃないですか?でも刃物と腕は見える訳です。

刃物を自分、腕を心だと思ってください。『自分が心を傷つける
傷ついた心をまた傷つけて得るものは、悩みなんですね。

さっきの答え。『その時にならないと分からない』は自分自身で止められるかどうか?
こればかりは、その時にならないと分からない訳です。

心か他人だとしたら?他の人だとしたら?って考えると、その手が止まってくれると良いなって思います。

自分の納得ができるまでとことん『考えよう』

心を傷つけない方法を全力で考えてください(。・ω・)ノ゙

そんな事を考えてると、リストカットで悩んでる訳じゃなくて心の悩みとか、納得できない事に行きつくんですね。それが行動化したものが『リストカット』なので、ちょっとその事を頭に入れておいてほしいなと思いました。

昔、診療心理士の先生にこんな質問をした事がありました。
『なんでリストカットをしたらいけないの?』
『皆が心配するから』
・・・分からん・・・なんで心配するんだろう?誰も止めないのに?気にかけないのに?

そう思った事があったのですが、自分が一番納得できない事が沢山ありましたし『現状を何とかしたい』『でも現状をどうやったら変えられるのか分からない』と言うのが本音。

そんな気持ちが『リストカット』と言う行動に出てしまっていた訳です。

人間は難しいと思われる『生きる』と言う事に挑戦しています。
なので、自分が失敗したと思われる事にぶち当たっても当然なんですね(。・ω・)ノ゙

学校では『転んだらどう起きるか、這い上がるか?』なんて教えてくれません。
人生は一本道の様に教え込まれますが、絶対にそんな事はないんですね(/ω\*)

ちょっと難しい事を書いてしまいましたが、今悩んでる人にとって参考になったら幸いだと思います(。・ω・)ノ゙最後まで読んで下さって有難うございました♪結依菜でした(/ω\*)

2020.6.12 追記

読んでくださっている方がいらっしゃるので追記です(。・ω・)ノ゙

私が初めてリストカットをしたのが『小学校2年生』原因はイジメでした。
『見ると腐る』『気持ち悪い』『臭い』『見てるとムカつく』やら、小学校でしたが養護学校だったので中学校3年生の思春期の子もいるので、エロイ事をさせられたりとか。

母に言われた『笑ってればなんとかなる』なんて絶対嘘だ(´;ω;`)ブワッ
と思ったものです。洗面器に顔を付ける→苦しい。子どもながらに『動脈切れば、出血多量で死ねる』と思っていましたが、現実『やっぱり痛い』んですよね。

小学校二年生で覚えてしまったリストカットは、その後ちょっと治まって・・・。
色んな事があって短大卒業と同時に再発。

その後は10年以上は何か嫌な事があれば切るという生活をしていました。

ぶっちゃけ何の解決にもならないのは分かってるんです。
誰も助けて(止めて)くれないし(そもそもやるのは1人しかいない時)、本当に私の事を心配してくれているのかも分からない。


人間不信。

それでも、しなくなった理由。
痛いのはどうでも良かったし、傷だらけでも良かったし、ガーゼで隠しても良かったのですが・・・。(今はそんな事は思ってませんよ?人がしようとしたら全力で止めます(`・ω・´)ゞ)

自分の心の安定ってなんだろう?

って考えたんですよね。巷にあふれる『こうしたら、精神病が良くなった』『自殺はしちゃいけない』『生きて』・・・偽善者ばっかりじゃん|ω・`)←当時は心がすさんでましたから。今は違いますよ?

こんなにも辛いのに生きなきゃいけない理由って何だろう?
って。

薬漬けで、お金もない。生き抜く知識もない。こんなんで生きてても・・・。

ここからはちょっとした止めるコツになります。
リストカットやネガティブ思考を止めたい人は沢山いると思います。

止める為には行動』か『思考』この2つのうちどちらかを変えるしかありません。
(やっていると、どっちも変わってきます)
私は?と言うとまず『行動』から入った人です。

精神病の薬を飲むのを止める(人によりけりなので、このへんは自分で判断してください。ただ、病院に行っていてもお薬が減った事が私はなかったし、カウンセリングも効果がありませんでした)

そもそも・・・精神病・神経症のお薬は本当に効いているんだろうか?
心の安定とは、眠くなる事ではないし。ぼーっとする事ではないと思うのです。
お薬を飲んでいたからって、明日は違う自分になれる訳がないのですよ。

偉そうな事を言っていますが、本当に不安定な時は頓服を飲んでいました。
病院代はもったいないので、行かない。(病院のお薬沢山すぎて飲みきれない分が沢山あったので・・・)

リストカットを止める。なんでかと言うと何の得にもならないよねって思ったからなのです。
血は出るし、痛いし(慣れてくるとそんなでもないのだけど)、痕は残るし。
やーめよ(/ω\)なんて思ってすぐに止めれる訳でもありません。

2週間に3回切っていたのを1回に減らす努力。(たまに失敗)
1ヵ月に1回にする努力。
1年に一回(この辺になるとどうでもよくなる)

本格的(?)に実践して3年はかかりました(。・ω・)ノ゙
今ではお薬も飲んでないし、リストカットもしない、ついでに言うと精神的なお話とかスピリチュアルが大好きな人間です(`・ω・´)ゞ

心の安定とは自分で作るもの。誰かが用意してくれるわけではありません。

『こんな生活嫌だな』と思ったら、自分で改善していくものです。
それが『(これを行っていく過程も含めて)幸せなんだ』って思えれば、たまに『あぁ、きりてぇな』って思っても『いやいや・・・ここで切っても何もかわらんし』と考えられるようになると思います。

豆乳メンタルの私がリストカットを止められたし、精神的にも元気になったので今悩んでしまっている人は絶対良くなります(`・ω・´)ゞ

悩めるって事は『自分がこの状況をもっと良くしたい』って考えてる事なのだから、それでいいんですよ。
正常です。おかしくなんかありません。

長くなってしまいました(/ω\)ちょっと厳しめな内容かもしれませんが、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク